喪服のマナー

葬式には葬式に着ていくように決められた服装のマナーがありますが、それがどんな服装かご存知ですか?ここでは葬式で着ていく服装のマナーについて考えていきましょう。

葬式の服装→喪服

葬式では決められた服装がありますが、この葬式に着ていく服を喪服と言います。この喪という言葉は喪中とも言われたりして、お亡くなりなられた方のために、祝い事、祝い行事などを避けておく期間という意味があるようですね。この喪の期間はどのくらいかとは決まっていなくてどこもバラバラなようです。個人的な体験としては、この喪中は年始の親戚のおじいちゃんおばあちゃんの家へ正月周りができずにお年玉がもらえなかったというようなことがありました。

喪服のイメージは黒っぽい服装というのがありますが、細かいところでもいろいろと決められているようです。

喪服は正式と略式といったものに分けられていて、正式の喪服を着用するのは親族の3親等までの方々となっています。それ以外の方は、略式の喪服は正式とまではいかない少し簡略な服装となっていて、親族の方たちよりも格が上がらないようにされています。このあたりに昔の日本の古い風習というか慣わしのようなものが感じられますね。

そして、葬式には通夜や告別式などに儀式が分かれていますが、喪服もそれに合わせて考えて着用しなければなりません。3親等までの方は正式な喪服を着用するので、ここではそれ以外の方の服装の着用についてみていきましょう。

仮通夜の喪服のマナー

亡くなられてすぐ駆けつけるということもあり、正式の喪服や略式の喪服でなくても構いません。現場にできるだけ早く駆けつけるということから、喪服ではなく普段の服装で地味目な服装で向かいましょう。なぜ喪服を着用しないかというのは、亡くなられてすぐ駆けつけるのに喪服が用意できていることが不幸を予定していたということになり、これは親族を始めとして周囲への失礼にあたります。

不幸の連絡が来た時点で喪服の用意が出来ている場合であっても喪服を着用せずに、普段の服装の地味目なものを選んで向かいましょう。

通夜の喪服のマナー

通夜は、仮通夜などもそうですが、故人の親族を始め親しい友人や知人などが急遽、駆けつけて対面するということの意味合いが強くあるため、通夜の連絡が亡くなられた日からある程度の間があっても、仮通夜、通夜共に喪服は着用せずに、普段の服装で地味目なものを着用して向かいましょう。

告別式に参列できない場合などは通夜で喪服を着用することもあるので、そのような場合には喪服を着用して向かうといいでしょう。

告別式の喪服のマナー

葬式の告別式では普段の服装ではなく、ここで喪服を着用します。略式の喪服でブラックフォーマルを着用します。ブラックフォーマルが用意できない場合には、喪服を貸し出しているところもあるのでそこを利用してみるのもいいでしょう。

また、男性と女性、子供とそれぞれあって、細かいところで決められています。こちらも3親等までの人以外の場合の喪服マナーを紹介しましょう。