喪服のマナー 性別・子供

男性の喪服マナー

男性の喪服のマナーを見ていきましょう。

通夜の場合の基本はやはりスーツを着用することです。全体的に黒色を選ぶようにしましょう。また、仕事などの出先で不幸の連絡が来た場合などは、ネクタイと靴下くらいは近くのお店などで黒色のものを買って向かうといいでしょう。告別式では喪服を着用して、黒のスーツで向かいましょう。

男性の喪服のアイテム毎に見ていくと、まずネクタイは黒色を選ぶのが基本で柄の入っていない無地を。そしてスーツも黒を選びます。もし無い場合には紺かグレーの濃いものを着用しましょう。シャツは白色になります。こちらもネクタイ同様柄の入っていないものを選びましょう。もし出先で柄物のシャツを着用しているときは、コンビニエンスストアなどでも白いシャツが販売されているのでできれば着替えた方がいいでしょう。鞄は仕事でも使うようなビジネス用の鞄で黒色を。葬式の式場によって屋内だったり屋外だったりするので、靴を脱ぐ屋内でのマナーとして靴下は黒の無地の靴下を履いておきましょう。靴は革靴を履くのは厳禁です。革製のものは、動物の毛皮などから加工されているため、殺生をイメージさせるもので失礼にあたります。なので革製の靴は選ばないようにしましょう。最後に喪主の方の正装はモーニングコートが一般的と言われています。

女性の喪服のマナー

女性の通夜での服装は男性同様に黒のスーツがいいでしょう。あるいは黒のワンピースでも構いません。スカートのあるものは膝が隠れるくらいの長さで膝を隠すくらいの丈のものを選びましょう。

告別式への参列の場合は、喪服を着用しますが、生地は黒色を選ぶのが基本です。柄のあるものもいけません。

上から順に一つずつ見ていくと、まず全体の服装として、黒のフォーマルスーツが一番良いのですが、あるいは紺やグレーの濃くて深い色のものを選びます。体のラインに自信があっても露出の少ない服装にしましょう。肌が透けて見える服装もいけません。化粧は抑えて髪形の手を掛けすぎない程度にシンプルで構いません。マニキュアも絶対にしないようにしましょう。おしゃれをする必要は全くありません。

鞄が気になりますが、色や柄はなるべく抑えた鞄を選ぶようにして、光物ではない鞄を選びます。なので金属のついているものやエナメル素材の鞄や避けましょう。おしゃれをする必要はまったくないのです。ストッキングも黒が基本。葬式において黒以外のストッキングを着用することはありません。その他のアクセサリー類もつけないようにしましょう。例外として結婚指輪、真珠製のネックレスのみは着用可能です。靴は黒色を選びます。サンダルなんて履きませんよね?光沢のあるエナメル素材の靴も履いてはいけません。

子供の喪服のマナー

子供にもある程度のマナーが必要になります。制服がある学校に通っている場合はその制服を着用します。制服が無い場合は、シャツは男性の喪服と同様に白色のものを選び、ボトムには黒や濃い紺のものを着用すると良いでしょう。柄が入っていないもので派手にならないように気をつけましょう。黒の靴が無い場合はスニーカーなどであれば普段の靴でも特に問題は無いでしょう。小さい赤ちゃんであれば特に細かく決められていなくて、赤い服装以外であれば問題はありません。